ゲーム ニュース系 マンガアニメ 新作紹介 雑記

ダイの大発表

Sponsored Link
Sponsored Link

ダイの大発表

2020年5月27日の20時から配信となった

ドラクエの日特別番組「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」最新情報ダイ放出スペシャル!

の放送内容をまとめて行きます

 

アニメのキャスト発表

ダイ 種崎敦美さん

ダイを演じるに当たってダイ緊張と言う所でした

 

ポップ 豊永利行さん

発表と共に「どうぞディスって下さーい」と、大変恐縮されていました

「メラ!メラ!メラミ!メラゾーマ!ベタン!ベタン!メドローア!」

 

マァム 小松未可子さん

「何すんのよこのスケベ!武神流・閃華裂光拳!」

イース9の「白猫」で私の中では有名

 

レオナ 早見沙織さん

緊張の為かちょっと何を言ってるかわからない事を口走っておられました

「ミナカトール!」

 

アバン 櫻井孝宏さん

本意気の「アバンストラーーッシュ!」はカッコ良かった!

 

ヒュンケル 梶裕貴さん

女性の様な声も出せる梶さん本意気の「ブラッディ―スクライド!」は迫力満点でした!

 

今回発表されたのは以上6キャラのキャストでした

アニメへの期待が高まる発表でしたね

アニメの制作スタッフ含めてキャストの皆さんも「ダイの大冒険」が好きと言うのが強く伝わってきて、作品への期待感もより高まる思いと、すでに感動している自分がいました

 

アニメ冒頭部分を公開

ハドラー

バーン

キルバーン

ミストバーン

ソアラ

バラン

ブラス

と言ったキャラクターが順番に登場

クオリティの高い映像でしたが、これが冒頭?と言う衝撃の内容でした

 

そしてそれぞれのアニメへの意気込みが語られました

 

豊永利行
今回僭越ながらポップを演じさせていただく事になります。
本当に難しい役どころをいただきましたので、皆さんのご期待に応えられるように、ボクもその世代なので、皆様の愛を、ボクの愛も全部越えなければ期待に応える事にはならないと思いますので、全力で演じさせていただきますので、皆様是非ごらんいただければと思います

 

小松未可子
マァム役を務めさせていただきます小松未可子です。
本当にこの熱いバトンをつなぐ時が来たなと緊張感と期待感でいっぱいです。
まだアフレコはこれからなんですけど、数々の名言、数々の名シーンを私たちがいち早く生で作り上げて体感できてって言うこれ以上ない幸せな時間が待っていると思うと、本当にドキドキが止まらないので、それを早く皆さんにお届けしたいと思います

 

早見沙織
レオナとして声を担当させていただく事になりました。
本当に幅広い多くの方に愛されている作品にこうしてキャストとして参加できてすごく嬉しく思っております。
これからアフレコしますけど、キャストの皆さま、スタッフの皆さまと一緒に、大冒険したいと思いますので、熱い気持ちでアフレコに臨みたいと思います。
よろしくお願いします

 

櫻井孝宏
当然精いっぱい頑張りますが、同時に楽しみで、他のキャストの演技が速くみたいですね。
他にもいっぱいキャラクター出てきますし、早見さんがコメントされていたんですけど、冒険じゃなくて「大冒険」なんですよね。
その大冒険を早くみんなと味わって作品を作り上げていきたいと思います

 

梶裕貴
ヒュンケル役を務めさせていただきます、梶裕貴です。
本当に夢のようです。
子供の頃に楽しく読ませていただいた作品に声優として関われるとは思っていなかったので、とても嬉しいです。
同時にそれだけに緊張感と責任、プレッシャーも感じています。
本当に名シーンばかりの作品なので、ボクも一緒に楽しみながら皆さんにお届けできればなと思っています。
全力で演じさせていただきます

 

種崎敦美
ダイを演じさせていただきます、種崎敦美です。
兄弟そろって見ていたんですよダイの大冒険。
本当に大好きで。
ダイを自分が演じられるなんて夢のようで、それと同時に責任感を背負って熱い思いでキャストもスタッフも熱量高く同じ気持ちで新しいダイの大冒険を作っていきますので楽しみに待っていていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします!

 

内藤圭祐プロデューサー「我々第一世代が傘やほうきを振り回して遊んでいたように、今の子どもたちが遊んでもらえるような熱中していただける作品にして行けたらなと思っています。最後まで走り切れたらなと思っています」

 

唐澤和也監督「ボクは監督と言う立場なんですけど、実際に作るのは現場のたくさんのスタッフでありまして、作画さん、美術さん、撮影さんなど様々なスタッフさんが一丸となって最高のダイを作って行きたいと思います。それを皆さんに届けられる日を楽しみにしています。放送時期はまだ少し先にはなるんですけど、楽しみに待っていていただけたらと思います。よろしくお願いします」

 

放送時期

テレビ東京にて2020年10月から放送予定と発表がありました

昨年の発表時から予定ではありましたが、予定通り秋からダイの大冒険のアニメが見れますよ!

 

ここまでがアニメの発表コーナーでした

 

そしてここからゲーム情報発表コーナー

ドラゴンクエスト ダイの大冒険「ゲームproject」の発表

ゲーム開発の総合プロデューサーの市村竜太郎さんが登場

そして再び堀井雄二さんと豊永さんと小松さんがリモートで登場

早速堀井さんから「3本同時に進行しています」

と驚きの発表

 

1本目のゲーム映像が流れる

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 魂の絆

2021年配信予定となっているソーシャルゲームです

ジャンルは「爽快大爆進RPG」となっています

戦略性のあるRPGとなっている様です

クロコダインが登場していてポップ訳の豊永さんは大興奮でした

ソシャゲとしてはかなりグラフィックにこだわって作られている模様ですね

2020年秋ごろに続報予定となっています

そして今回の発表後ティザーサイト&ティザーPVも公開となっています

 

そして2本目のゲーム紹介

ここからは早見さん、櫻井さん、梶さんが加わってのゲーム発表

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 XROSS BLADE(クロスブレイド)

ダイの大冒険が「対戦カードアーケードゲーム」として登場

映像ではダイとヒュンケルの戦闘シーンが流れていました

まさにクロスブレイドと言う映像でした

実際に使用するカードが何枚か公開されました

 

そして同時に「ダイの大冒険 クロスブレイド」の公式ツイッターが公開になりました

稼働時期は2020年秋以降予定となっています

 

そしてその後ダイ役の種崎さんが実際のアーケード筐体でプレイ

何とアーケードゲームが初体験と言う種崎さんでしたが、そんな種崎さんでも教えられてながら遊べている様子でした

連打やタイミングよくボタンを押すと言ったゲーム性の内容ですね

 

途中ダイ、ポップ、マァムの3人でクロコダインと戦う展開があり、さすがのしぶとさを見せるクロコダインでしたが、最後はアバンストラッシュで見事撃破していました

 

そして3本目、出演者が入れ替わり、豊永さんと小松さんが再々登場

インフィニティストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険

家庭用ハード向けの「アクションRPG」として登場

ダイのゲーム本命の1作と言えますね

対応機種は未定となっています

まさかの未定!

しかし恐らくグラフィック的にはswitchとPS4で安定でしょう

無双っぽい雰囲気ではありますが、ちゃんとRPGと言う感じの内容の印象があります

やり込める内容にすると言う話も出ていましたので期待して待ちたいと思います

小松さんはラーハルトやヒムが出るのかと言う話をされていました

プロデューサーからはラーハルトとヒム頑張りますと言う話があったので、これは確定的でしょうか…?

そして発売時期は2021年発売予定

3作の中では一番最後の発売になる見込みの様です

じっくり時間をかけて作っていくと言う感じらしいです

次の情報までは少し時間がかかりそうとの事でした

年末辺りまではお預けかな?

期待して待ちます!

アニメとゲーム3タイトルの発表が終わり、最後に堀井さんから家庭用のインフィニティストラッシュには街が出てきて買い物したり町の人との会話したり、ダイの世界により深く入っていける要素もある事が明らかになっていました

堀井さんのブッコみ

 

ドラゴンクエスト関係の家庭用タイトルは毎度ハードの発表に慎重ですね

モンスターズの新作も対応ハードは現在未発表です

果たしてどのハードで出るのか?

どのハードで出ても買う覚悟で待ちたいと思います

 

ダイの大冒険 グッズ情報

その後タカラトミーからダイの大冒険のグッズ情報コーナーがありました

アーケードゲームと連動するアイテムやビジュアルフィギュア

立体稼働フィギュアなど2020年秋から続々登場との事で、様々発表されていました

ゲームセンターのグッズ景品なども続々と出てきそうです

 

そしてその後集英社のコーナーへ

アニメ放送に合わせてVジャンプにてマンガ連載決定

ダイたちと出会う前のアバンの冒険が描かれる内容となっており、原作は三条陸さん、そしてマンガは週刊少年ジャンプで『ZIPMAN!!』を書いていた芝田優作さんが担当

 

そして「ダイの大冒険」の「新装彩録版」全25巻発売決定

新装=全巻カバーを稲田浩司さんが新規描き下ろし

彩録=週刊少年ジャンプ連載時のカラーページを再現して収録

毎月2~3冊の刊行で10か月で全巻リリース予定となっております

 

そして最後に『ドラゴンクエスト ダイの大冒険(1991)Blu-ray BOX』の情報

初回生産限定特典として「描き下ろしゴメちゃんラバーストラップ」

劇場版3作品が収録されている点、その他封入特典としてスペシャルブックレットなども紹介されていました

こうして集英社コーナーは終了

 

最後にキャストの人からの感想コーナー

豊永利行
改めまして、ポップを演じさせていただきます豊永です。
本当にダイの大冒険はボクの青春でございまして、ボク個人としてはポップ君の成長の過程もダイの大冒険の醍醐味の一つではないかなと思っておりまして、ポップ君のセリフなどなど、皆さんが脳内で再生されているものを「ポップだ!」と思っていただけるように演じたいと思っております。
是非アニメ放送ご覧ください。
よろしくお願いします

 

小松未可子
改めましてマァム役、小松未可子です。
本当に私たちもこの番組で冒頭の部分を一緒に見させていただきましたけど、原作のあんなシーンやこんなシーンがアニメーションでどんな風に蘇るんだろうとか、皆さんのバイブルになったであろうシーンであったりセリフがどんな風に令和に蘇るんだろうと言う所とか、1視聴者としても、1作り手としても楽しみにしたいと思います。
10月からの放送楽しみにしていて下さい。
よろしくお願いします

 

早見沙織
改めましてレオナ役、早見沙織です。
ゲームやアニメの映像を見せていただいて、本当にワクワクしました。
これからアフレコをキャストのみなさまと冒険を進めていける事も楽しみですし、レオナさんとして気品もあって芯もあってカッコよくて、おてんばでお茶目で、いろんな表情豊かなレオナさんを、精いっぱい演じさせていただきたいと思います。
本当に楽しみに見ていただければなと思います

 

櫻井孝宏
アバン役、櫻井孝宏です。
連載が始まったのって89年ですよね。
ボク15とかでよく覚えているんですけど、ボクは今45なんですけど、こうやって作品に携わらせていただいて、全然色あせない作品だなと思いました。
気合入りますし、何より楽しみたいと言う気持ちが大きいんですが、先ほど冒頭のシーンを見た時に「ああ、あのシーンだ!」と思ったりするシーンが見られたので、楽しみにしたいと思います。
何より種崎さんのダイを本当に楽しみにしています
一緒に頑張りましょう

 

梶裕貴
ヒュンケル役を演じさせていただきます、梶裕貴です。
僕自身早く動くヒュンケルが見てみたいと思いがあります。
ヒュンケルはとてもクールで芯のある男と言う印象の強いと思いますし、そこがカッコイイと思います。
それと同時に、ある種の青臭さであったり、ある種の弱さが彼を語る上で欠かせない要素じゃないかなと思っております。
哀愁等含めて、彼の色んなものをしっかり原作から読み取って、心を込めて演じて行きたいと思っております

 

種崎敦美
櫻井さんので全部飛んでった。
今日はキャストの中で一人だけスタジオからだったんですけど、あの、改めて皆さんのコメントを聞きながら、なんて頼もしい仲間たちなんだろうと思いながら、皆さんと作品を作って行けるんだなあとしみじみ高揚しておりました。
ダイを演じさせていただきます。
全力で演じさせていただきます。
不束者ですが皆さんどうぞよろしくお願いします。
10月からの放送どうぞよろしくお願いします

 

こうしてキャストの皆さんのコメントを終えて放送は終了へ

本当に皆さんの熱意が伝わってきて、こういう熱量を持って作られて行くアニメなら心配無用だなと感じさせる放送内容でした。

アニメもゲームも本当に期待しています

今後もダイのアニメ、ゲーム情報が出たら紹介して行きたいと思います

 

ご覧いただきありがとうございました

 

応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

-ゲーム, ニュース系, マンガアニメ, 新作紹介, 雑記

© 2020 YouTube時々ブログ Powered by AFFINGER5