YouTube日記 ゲーム 原神

原神 第383話 ローレンス家

Sponsored Link
Sponsored Link

原神 第383話 ローレンス家

稲妻への渡航手段を探し

ルイとパイモンの旅はつづく

ある日

西風騎士団のジンに呼ばれ

モンド城へ向かった

登場人物

ルイ

パイモン

ジン

シューベルト【初】

アンバー

ローレンス家

モンド城、西風騎士団

ルイ
失礼します

お出迎えジンさん

ルイ
どーもどーも(゚∀゚)
ジン
手短に話そう

騎士団から君に、ある特殊な任務を依頼したい

ルイ
相変わらず忙しそうですね
ジン
あぁ、最近は様々なことが起きていて、私を含めたモンドの騎士団全員が一時も気を緩められない状況だ

ローレンス家の人間がファデュイと深くつながっているとの報告を騎士団員からたくさん受けていると言うジンさん

ルイ
ローレンス家がファデュイと…

またファデュイかと思ったパイモンさん

パイモン
でもローレンス家って、どんなやつらなんだ?
ジン
過去のモンドには、旧貴族によって支配されていた暗黒の時代があった

高塔の王から取り戻した自由に再び枷がかけられ、それにより、奴隷制度に拍車がかかったんだ

初代「蒲公英騎士」ヴァネッサが起こした革命について語るジンさん

ジン
その渦中にあったローレンス家こそが、モンドに苦しみを与えた旧貴族だ
パイモン
あっ、オイラ分かったぞ

悪者の末裔がファデュイと一緒になって、また悪巧みをしてるんだな?

ジン
今はまだ疑惑の段階だ

確かな証拠はない

今日君たちに来てもらったのは、この件を調査してもらいたいからなんだ

ルイ
なるほど…

でもそれは騎士団の仕事では…

騎士団と旧貴族が過去敵対関係にあった事を語るジンさん

ジン
騎士団は長い年月をかけて、双方の軋轢を解消しようとしたんだが、貴族の末裔は未だ騎士団を敵視している…

私たちがどんな態度で彼らに接しようとも、いい結果にはならないだろう

過剰な反応を引き起こしてしまうだけだ

「調査」という名目で押し入ることは可能だが、もしこちらの早とちりであれば、また彼らに不信感を募らせてしまうかもしれない

そうなれば、今までの努力も水の泡となる

ルイ
私も「栄誉騎士」だけど…
ジン
君は騎士団の中で最も適任なんだ

その身分を強調する必要はない

君は遠くから旅をしてここへ来た旅人だ

この街の「多数派」ではない

であれば、そこからローレンス家のあの貴族と共通の話題を探すこともできるかもしれない

ルイ
なるほど

彼と友好な関係を築いてファデュイとの一件を探ってほしいジンさん

パイモン
さすがジン団長!

すみずみまで考えが行き届いてるな

ルイ
うん
ジン
そんなことないさ

ただ外交問題で蓄積してきた経験を活かしただけだ

ローレンス家のシューベルトがモンド北側の城壁付近をうろついていると言うジンさん

ルイ
ふむふむ
ジン
とっつきにくい性格のようだが、きちんと向き合って話せば問題ないだろう
ルイ
任せて

ニコニコジンさん

ルイ
分かりました

では…

波沫の章 第一幕

波花は海に戻らない

開幕

ルイ
モンド城の北側城壁付近を見に行ってみよう

そして人を発見

ルイ
この人は…
???

ん?誰だ貴様は

挨拶パイモンさん

???

こんにちは?

ルイ

どうしたの?

???

「どうした」だと?

私の聞き間違いか?

フンッ、軽々しく挨拶をしてくるなど、軽薄で無礼であるぞ

ヤレヤレパイモンさん

シューベルト

私を知らないとは、無知な外来者か

私はシューベルト・ローレンス

正真正銘貴族の末裔である

私に話しかけたいなら言葉を選んだ方が良いと言うシューベルトさん

シューベルト

さあ、分かったらさっさと片膝をついて、謝罪の言葉と自己紹介でもしたらどうなんだ

それが礼儀というものだ!

パイモン
えっ?

そんな礼儀、聞いたことないぞ!

シューベルト

フンッ、みながそれを弁えていた時代は、そのような礼儀作法など基本中の基本

常識だったのだ!

貴族に対し無礼を働いた場合、少なくとも鞭打ちの刑に処されていた

シューベルト

それが今はどうだ、規則は廃れ、礼儀作法も忘れ去られた

腐敗しきって見るに堪えない

ルイ
道理で旧貴族は没落した
シューベルト

なに?旧貴族の尊厳を疑っているのか?

シューベルト

教えてやろう

ローレンス家は確かに没落したものの、我ら末裔は今もなお栄光を取り戻す機会を窺っている

周りの人間が規則に従わないからこそ、私が貴族の高貴さと礼儀作法を主張し続けなければならない

なぜなら、生まれた時点で格が違うのだから

ルイ
まだ何も言ってないんだけど…

うんざりシューベルトさん

シューベルト

それに、貴様に礼儀を教えてやる義理もないしな

まだ大事な用事があるんだ

失礼する

エアー地団駄パイモンさん

ルイ
行ってしまった
パイモン
ジン団長からしたら、あれが「とっつきにくい」で済むレベルなのか?

まぁ、とりあえず一旦戻って相談しよう

ルイ
うん

騎士団へ

すると騎士団からアンバーが出て来る

ルイ
あっ

手振りパイモンさん

アンバー
あっ「栄誉騎士」!

まさか、こんなところで会うなんて奇遇だね

わたしもちょうどこの辺りを偵察してたところなんだ!

ルイ
そうなんだ
アンバー
あれ?

その表情…なんか嫌なことでもあった?

パイモン
ジン団長から依頼を受けたんだけど…

失敗したかもしれない…

ルイ
話せば長くなる…
アンバー
大丈夫、気にしないで

失敗なんてよくあることだよ

私だって毎回有力な情報を探せるわけじゃないし

励ましアンバーさん

ルイ
前向きアンバーさん
アンバー
えへへっ

そうだ、わたしも手伝うよ

一体何が起きたの?

パイモン
ジン団長から、シューベルト・ローレンスっていう人と友好関係を築いてくれって頼まれたんだけど

でもいざ会ってみたら、すごく変わった性格をしてて、まともに話すら聞いてもらえなかったんだ…

アンバー
あっ、わたしその人知ってるよ!

きっと礼儀知らずって言われたんでしょ

ルイ
うん

アンバーも経験したことあった?

何回も言われたと言うアンバーさん

パイモン
えっ?みんなそうなのか?
アンバー
貴族は貴族なりの矜持を持つべきだ

っていうのが彼らの考えだね

まぁ…言ってる意味は分かるけど、この時代を生きる人じゃないって感じがするかな

でも、中にはそうじゃない人もいるんだよ

例えば、わたしの友人のエウルアとか!

衝撃パイモンさん

アンバー
そう、彼女はローレンス家の人間だけど、同時に騎士団の第4小隊の隊長でもあるんだ
ルイ
えっ……

ローレンス家でも騎士団に入れるの?

アンバー
エウルアは特別なの

彼女は一族の人と違って、自分の考えを持って行動してるから

ルイ
そうなんだ
アンバー
言い換えれば、彼女は一族の規則をあまり気にしてないってことかな

あっ、でも彼女もローレンス家の人間との付き合い方をちゃんと理解してるからね

会ってみれば、わたしが言ったことが分かると思うよ

どうしてジン団長はエウルアではなくオイラ達に頼んだのかと思ったパイモンさん

アンバー
それは、一言では説明できないかな…

簡単に言うと、エウルアが騎士団に入ったことで、一族からあまり良く見られてないみたい…

ルイ
……

彼らからしたらエウルアは敵に寝返ったと考えられているのかも知れないと考えるアンバーさん

ルイ
確かに良くは思われてないのかも
アンバー
えへへっ、でも彼女は親しみやすい性格だから、困ってることを伝えたらきっと、シューベルトさんと打ち解ける方法を教えてくれるはずだよ
ルイ
いいね(゚∀゚)

エウルアは朝「望風山地」の方へ見回りに出たと言うアンバーさん

ルイ
ありがとう
パイモン
おう、ありがとう、アンバー

じゃあ、さっそく彼女を探しに行こう!

ルイ
うん
アンバー
気を付けてね!

わたしも偵察に行かなきゃ!

こうしてエウルアに会う為

望風山地へ向かう

Sponsored Link
Sponsored Link
応援ありがとうございます^^

人気ブログランキング
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link

-YouTube日記, ゲーム, 原神

© 2022 YouTube時々ブログ Powered by AFFINGER5