YouTube日記 ゲーム 原神

原神 第428話 トーマ

Sponsored Link
Sponsored Link

原神 第428話 トーマ

雷電将軍へ導く術があると言うトーマを信じ

その対価として

万国商会の会長「久利須」を助ける事になったルイ

「晶化骨髄」を売っている商人に会う為動き出した

登場人物

ルイ

パイモン

ヴェルナー【初】

トーマ

久利須

慶次郎【初】

勝家【初】

ハリソン【初】

久利須

海辺近くに人を発見

ルイ
海辺の木の下…

見慣れない鉱石

あの人だ

ヴェルナー

おや?

見ない顔だが、新入りか?

ルイ
離島の顔役だけど、知らない?
ヴェルナー

ハハッ

自分で自分のことを顔役っていうヤツがいるかよ

俺を騙そうったって百年早い

言えよ、何しに来た?

ルイ
商品の供給元のことを聞きに

追い払われた

ヴェルナー

企業秘密だ

分かるか?

企業秘密

ひどい態度だと思ったヤレヤレパイモンさん

ルイ
値段をもう少し安くする事は?
ヴェルナー

買うかどうかも決めてないのになぜ値段のことを?

ほほう~

さては分かったぞ

お前たち久利須に言われて来たんだろ?

へっ、あいつらには関係のないことだ

俺の利益を損なわないでほしいね

パイモン
なんでだよ!
ヴェルナー

行った行った!

久利須のヤツに伝えておけ

売ってやってるだけ感謝しろってな

俺がいなきゃ、あいつら税金すら払えないんだから

パイモン
どうしよう

まったく話を聞いてくれない…

ルイ
本当の顔役に頼むしかないか
パイモン
そうだな

一度あいつに聞いてみるか

トーマ

おや?

もう帰ってきたのか

問題は解決したのかい?

ルイ
それが全くで…
パイモン
うぅ、それが…

ちょっと困ったことに…

ルイ
人に頼んだ以上、自分も何かやらないとね?
トーマ

お?いいよ、できる限りのことは協力する

反省トーマさん

ルイ
ヴェルナーさんの事で
トーマ

あいつのことか

それなら調べたことがある

以前は砂浜で貝殻を拾って商売してた可哀想なやつだったが、なぜか最近、急に羽振りが良くなったらしい

万国商会を抜けたあと、新たな拠り所となる場所を見つけたのかもしれない

ルイ
万国商会の人だったんだ…
パイモン
え?あいつも昔は万国商会の一員だったのか?

じゃあ、あいつも外国人?

トーマ

彼の髪の色と目の色には気づいたかい?

ルイ
稲妻の人ではない

ヴェルナーはモンド出身である事を教えてくれるトーマさん

ルイ
なるほど
トーマ

鎖国によって、彼は離島での滞在を余儀なくされた異郷人なんだよ

パイモン
そうだったのか…
ルイ
それは大変だったね
トーマ

もともと万国商会も彼にひどい扱いなんてしてなかったんだが、あとから出された数々の法令により、商会自身も立場が危うくなってね…

恩知らずヴェルナーを語るパイモンさん

トーマ

ハハッ、それは言い過ぎだよ

この世に根っからの恩知らずはいないし、永遠に冷酷で残忍なヤツもいないとオレはそう信じてる

ルイ

もう一度彼に会って来る

パイモン
えっ?

もういいのか?

ルイ
うん
トーマ

どうやら、「切り込む隙」を見つけたようだね

ヴェルナー

何しに来たんだ?

確かに俺は暇だが、お前たちのために時間を費やしたくはないんだが

ルイ
「風」の導きを辿って来た
ヴェルナー

あ?

何を言って…

ルイ
吟遊詩人に詩を歌ってもらえたらな~
ヴェルナー

モンド…モンドのことを言ってるのか?

蒲公英の種を渡す

モンドに懐かしさを覚え始めたヴェルナーさん

ヴェルナー

なつかしい…

モンド城の雰囲気…

ルイ
風の導くままに
ヴェルナー

故郷に…はぁ

帰りたい…自由の都へ…

効果があるみたいだと思ったパイモンさん

ルイ
あと一押しか…
ヴェルナー

ゴホンッ…感情を揺さぶろうたってそうはいかないからな

ルイ
目をつぶって…
ヴェルナー

あ?今度は何だ?

パイモン
いいから、目をつぶれって
ルイ
聞いて、懐かしいあの音を…

ルイ
新鮮なチ虎魚焼き!
ヴェルナー

あっ!璃月港!

俺の目の前に、波の音が、客引きの声が、璃月港の姿が浮かんでくる!

ルイ
美徳の精神が続かんことを…
ヴェルナー

霄灯だ!海灯祭だ!霄灯が昇っていくのが見えるぞ!

パイモン
ぷっ、想像力が豊かすぎると言うべきか…

璃月港のことが懐かしすぎるのか…

璃月のことを懐かしむヴェルナーさん

霓裳花を渡す

ヴェルナー

これは…

もういい…

もう思い出させるな

俺の心はもう…

ルイ
ヴェルナーさんを助けたことがある人もいる
ヴェルナー

万国商会の人たちか

確かに…みんな俺と同じく故郷を離れた者たちだ

俺はいつも、夜の浜辺に来ては波の音を聞いてる

ふるさとから届いた音だと思いながらな

ルイ
泣けるねぇ~(ノД`)
ヴェルナー

そんな時、いつも商会のヤツらがやって来る

でも俺は顔を隠しながら離れるしかなかった…

はぁ、気晴らしにあいつらと一緒に話がしたいと何度思ったことか

俺だって、愚痴をこぼし合いたかった

パイモン
じゃあ、どうして…
ヴェルナー

あいつらは心が強い

拠り所のなかった人たちが、一致団結して生きていくすべを探してるんだ…

そんな真似、俺にはできない…

少しの利益と約束だけで、俺は…ヤツらの言いなりになっちまった…

ふるさとの顔に泥を塗っちまった…

ルイ
「ヤツら」?
ヴェルナー

いいだろう

言うよ

もうこんな葛藤はうんざりだ

パイモン
大丈夫なのか?
ルイ
商会の人たちとお酒でも飲んできて
ヴェルナー

だが俺はあいつらを裏切ったんだ…

間違ったことをやったらちゃんと償うべきだと説得する真っ当なパイモンさん

パイモン
だから早く、いったいなにが起きたのか言ってみろよ?
ヴェルナー

税金徴収を任せられてる足軽、慶次郎たちがやったことだ

ヤツらが商人たちに告げた税率は、実際より高いものなんだ

それで余った「晶化骨髄」はヤツらが蓄えてる

そして商人たちが入手先に困った時、高値で売るよう俺は指示された

パイモン
そんな…

なにもしないで儲けようとするなんて、卑怯だぞ

ヴェルナー

俺はヤツらの操り人形になっていたが、その見返りは生活をギリギリ維持できるほど些細なものだった

ルイ
証拠が欲しいな
ヴェルナー

証拠…証拠…

そうだな

決定的な証拠がなければヤツは認めないだろう

心当たりを語るヴェルナーさんの図

ルイ
ほうほう?
ヴェルナー

ついさっき慶次郎と会ったばかりだ

今から連れてってやるよ

パイモン
よし、じゃあ早く行こう!

そしてヴェルナーに案内された先に足軽を発見

ヴェルナー

ヤツだ!慶次郎だ!

パイモン
行くぞっ!
ルイ
うん

さりげない雰囲気で自然に慶次郎について行く

ルイ
さりげなくなにげなく

屋台の涼子さんに話しかける慶次郎の図

するとこちらに気付いた慶次郎の図

ルイ
見られているな!
パイモン
近い近い!

見つかっちゃうぞ!

さりげなくなにげなく踵を返してダッシュ

パイモン
あいつ、どんどん離れてくぞ

早く追いかけよう

ルイ
尾行って難しいね…

涼子さんの屋台から様子を伺う

慶次郎

ああ、まだ払ってないヤツは…

そうだな…万国商会のヤツらを、もっとシバいておくべきか

ルイ
お?!(`・ω・´)
慶次郎

ん?今なんか聞こえたような…

ルイ
はわわわわわ
((((( ゚Д゚;)))))
パイモン
シーッ…静かに!

見つかっちゃうぞ!

ルイ
ごめん( ゚Д゚;)
慶次郎

俺の聞き間違いか

おっと、長居しすぎた

そろそろ…

ルイ
!('Д')

突然浜辺に向かって走り出した慶次郎

ルイ
見失わないように…!

ヴェルナー

こんな場所に何をしに…

パイモン
なにか埋めたみたいだぞ!

見てみようぜ~

ルイ
ウキウキパイモンさん

慶次郎が何かを埋めた場所へ

帳簿のようなものを発見

パイモン
オイラはてっきりモラでも埋めたのかと思ったぞ

がっかり

ルイ
がっかりパイモンさん

例えモラがあったとしてもそれは商人の

笑ってごまかしパイモンさん

ヴェルナー

見せてくれ、これは…

証拠発見

パイモン
証拠も手に入れたことだし、まずは久利須会長にこのいい知らせを教えに行こうぜ?
ヴェルナー

じゃ、じゃあ俺はここで

先に帰るよ

パイモン
えっ?

一緒に行かないのか?

ヴェルナー

会長に会うのは…まだ少し時間がいる

すまない

ヴェルナーはひねくれた性格だと思ったヤレヤレパイモンさん

こうして慶次郎の罪を暴く帳簿を入手

万国商会前へ行くと慶次郎と久利須会長が何やら話していた

ルイ
む?
久利須

もう本当にありません

このままでは商売も損するだけで、飢え死にしてしまいます…

慶次郎

法令は法令

規則は規則

払うべきものは払ってもらう

言い訳は無駄だぞ?

ルイ
規則を守ってないのは慶次郎の方だ!

慶次郎

商会の新入りか?

パイモン
おまえの帳簿はもう手に入れた

それと隠してた物もな

転売して設けてたことも、すべて公に晒してやる!

久利須

なんと?

そうだったのですか?

ハリソン

ずっと騙されてたのか!

言葉を詰まらせる慶次郎

久利須

帳簿を見せていただけますでしょうか?

ルイ
どうぞ

久利須

この帳簿にあるものと以前商会が納めた税金の額はすべて一致しています

間違いありません

慶次郎さん、もう何も言わなくて結構です

今はこのことをどう解決するかが先決…

慶次郎

ふんっ…お、俺の弱みを握れたなんて思わないことだ

俺はただ、ちょっとだけ利益に目がくらんだだけで…

久利須

そういえば、奉行武士は誉と名望を大変重んじると聞きました

奉行府からお咎めはなくとも、このことが露見すれば…

脅されていると感じた慶次郎

久利須

いえいえ、ただあなたのような君子殿に、汚点が残ってしまうことを心配しているだけですよ

慶次郎

くっ…じゃ、じゃあ…お前が正しいということにしよう

で、どう処理するつもりなんだ?

久利須

まだ、お手元に「晶化骨髄」をお持ちですよね?

それらを使いこれから先少しの間、税金を立て替えてください

我々商人には状況を立て直す時間が必要です

慶次郎

ふんっ、あれらは俺が一生懸命運んで大事に隠したものだ

それをみすみすと…

ちっ、いいだろう

お前の顔に免じて、ただでやる

パイモン
面の皮が厚すぎる…

納得いかないハリソンさんの図

久利須

ハリソン!

もういいんです

これ以上は…

ハリソン

搾取されるのはもううんざりだ

この件がそう簡単に終わると思うなよ!

勝家

こんな場所で大声で叫ぶとは

法令に異でも唱えているのか?

ルイ

勝家組長登場の図

勝家

ああ、何を騒いでいる?

慶次郎

その…税金のことで少々

彼らの世話をしているというのに、恩を仇で返されまして

ハリソン

何が世話だ!

こんなの横領だ

必ず慎介様にもこのことを知らせてやる!

勝家

ほう?

勘定奉行様の名を直接呼ぶとは

ふん

よそ者はこれだから規則というものを知らない

この商人共を連れて行け!

何か言いたいことがあるのなら奉行府で話してもらおう

パイモン
まずい…このままじゃ…

トーマ登場

慶次郎

誰だお前?

誰がお前なんかと酒を飲むか

パイモン
ここの顔役だぞ!
ルイ
彼らの前では通用しない…

勝家

ほう?

これは…社奉行の者か?

トーマ

シーッ…

勝家

ふん

ここは勘定奉行の縄張りだ

いくら社奉行の権能が高かろうと、離島のことに手を出す資格はない

トーマ

その通りですが、ここは我々のお嬢様の顔に免じていただきたく…

ルイ
お?
トーマ

お二方も、将軍様にお渡しされる上奏の中で…

ご自身の名前を見たくないでしょう?

ルイ
白鷺の姫君…?
勝家

…貴家の令嬢に御足労させるつもりはない

我々も余計なことは御免だ

すべて忘れよう

慶次郎

勝家組長、しかし…

トーマ

いつか日を改めてお食事でも

その際は私の奢りですので、お二方ともどうかご遠慮なく

トーマを無視して勝家と慶次郎は去って行った

久利須

ありがとうございます、トーマさん

しかし…我々のせいであなたと勘定奉行の間に亀裂が…

トーマ

ハハッ、さっきのは冗談だよ

こんな代価、些細なことさ

礼ならこちらの旅人に言ってくれ

彼が「形勢を変えるきっかけ」を与えたんだから

今後はあの足軽たちも少しは態度を改めると思うよ

パイモン
トーマ、おまえ…

さっきいったい…

トーマ

シーッ…

ここは人が多い

場所を変えて話そう

久利須

本当にありがとうございました

状況を立て直す時間ができただけでも幸いなことです

ルイ
ひとまず一件落着…!

万国商会を離れてトーマの話を聞く事に

トーマ

勘定奉行はやはり骨の髄まで腐ってたか…

そうだ

そろそろ本題に入ろう

何が聞きたい?

ルイ
まず、社奉行について
トーマ

アハハッ

いきなりそのことか

じゃあ改めて自己紹介しなきゃね

自己紹介トーマさん

ルイ
ほうほう
パイモン
なんだって!

本当の身分をオイラたちに隠してたのか!

その社奉行も三奉行の一つなのか?

トーマ

ああ

社奉行の神里家は、祭祀活動や文化、芸術などを管理する家系だ

具体的な責務はオレにも分からないものが多い

そしてオレは、ただ運よく神里家に迎え入れられ、「白鷺の姫君」という名誉を持つ神里家のご令嬢

神里綾華の世話を任せられている

ルイ
なるほど

「白鷺の姫君」について考察パイモンさん

トーマ

ハハ…

もちろんさ

礼儀正しく優しいお心を持つお嬢は、かねてより稲妻の民に敬愛されている

その名声は当代当主をも超えるほどだ

そう、彼女の兄

神里綾人よりもな

ルイ
へええ
トーマ

お嬢はオレのような側近にさえ、友人のように平等に接してくれる

心のお優しいお嬢がみんなが好かれているのも納得が行くだろう

ルイ
全部神里さんの計画?

隠し事はしたくないトーマさん

トーマ

顔役という身分は、偽装しようと思って出来るもんじゃない

オレは正真正銘1ヶ月もかけて、離島にいるすべての人と顔見知りになり、北斗の姉御と仲良くなったんだ

パイモン
たった1ヶ月で?

凄すぎる!

ルイ
うん
トーマ

ハハッ、少し才能があっただけだよ

それにこれもすべて、君たちをいち早く受け入れるためだったんだ

旅人のモンドと璃月での活躍が稲妻にも伝わっている事を教えてくれるトーマさん

ルイ
そうなんだ
トーマ

君たちが稲妻への渡航を望んでいると知ったお嬢は、その到着をずっと気にしていたんだ

それと同時に…

君たちが噂通り、形勢を変える力があるかどうかもね

ルイ
パイモン
形勢を…変える?
トーマ

さっきの「試練」では、最後にいくつか予想外なことが起きたが、それでも君たちは「形勢を変えるきっかけ」を与えることに成功した

お嬢の期待通り、形勢の間に巧みに取り入り、人の心にある隙を突いた

ルイ
……
トーマ

君たちが協力してくれれば…

「目狩り令」は…

ルイ
断る

トーマ

ふむ、予想外の展開だ

情報に間違いがあったか…

ルイ
私たちの目的は雷電将軍に会う事
トーマ

…ふむ、そうか

それは理解しているよ

それにオレも君たちを導くって約束したしね

パイモン
あれ

トーマがあっさりと受け入れた…

トーマ

まっ…とりあえず離島での任務は終わったんだ

暫しの別れといこうじゃないか

鳴神島の「木漏茶屋」への招待状を渡してくれるトーマさん

ルイ
分かった
トーマ

それじゃ、健闘を祈るよ

パイモン
トーマって実は結構いいやつなのかもな?

オイラたちも先に進もう

ルイ

何かおかしい

パイモン
ん?

どうした?

ルイ
外国人は離島から離れられない

大事なことを忘れていたパイモンさん

パイモン
トーマも忘れてたのかな?
ルイ
これも試練なのかも

エアー地団駄パイモンさん

パイモン
離島を離れたら「木漏茶屋」に行って、絶対にけりをつけてやる!

うぅ…とりあえず今は行動あるのみ…

離島から出る関所に行ってみよう

ルイ
うん

こうしてルイとパイモンは

トーマから受け取った木漏茶屋の招待状を手に

離島脱出を目指す

Sponsored Link
Sponsored Link
応援ありがとうございます^^

人気ブログランキング
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link
原神 神の目カプセルストラップ vol.2 璃月シリーズ
created by Rinker

-YouTube日記, ゲーム, 原神

© 2022 YouTube時々ブログ Powered by AFFINGER5