YouTube日記 ゲーム 原神

原神 第500話 対雷電将軍特訓

Sponsored Link
Sponsored Link

原神 第500話 対雷電将軍特訓

哲平の死によって怒りに燃えたルイは

邪眼を製造しているファデュイの工場へ潜入した

その奥で待ち受けていたファデュイ執行官の罠にかかり

身動きが取れなくなってしまう

薄れゆく意識の中で見たその人影は…

登場人物

ルイ

パイモン

八重神子

八重神子

ルイ
八重神子…
八重神子

ほう?すぐに妾が分かったということは、少なくとも脳に支障はきたしていないみたいじゃな

ふむ…

やっとのことで旅人を運んできたと言う八重さん

パイモン
うぅ、さっきから聞きたかったんだけど…なんかおまえの話し方とか雰囲気とか、オイラたちと最初に会った時とだいぶ違うような…
八重神子

そうか?おそらく、あの巫女どもを下がらせたからじゃろう

それに、妾はずっとこんな感じじゃぞ?

人々が見せるのは、常に自分が見せたい姿だけなんじゃ

妾はその点についてよく知っておる

じゃから、どの一面であろうとすべて本物の「自我」

ただ、人とはそれらを無意味に定義したがるものなんじゃ

人間に属する社会において自分の好きなようにやっているだけだと言う八重さん

パイモン
えっと、全然わからない…
八重神子

ふふ、もっと人間というものを研究するんじゃな、小さいの

汝にも分かる日が来るじゃろう

ルイ
どうやって散兵から助けてくれたの?

オイラも気になるパイモンさん

八重神子

「鳴神大社の秘法」じゃ

あの散兵という者が一瞬にして地面に跪き、命乞いをしてきたと妾が言ったら、信じるか?

ルイ
……
八重神子

ふふ、そのようなことを考えるより、どう妾に恩を返すか考える方が重要じゃぞ…そうは思わぬか?

でなければ、やはり頭になんらかの支障をきたしているかもしれぬな…

ルイ
誠に感謝申し上げます。八重神子様

行動して欲しい八重さん

八重神子

汝は今…まだ「邪眼」のことについて考えている、そうじゃな?

ルイ
あの後どうなったか
八重神子

安心せい

すでにあの海衹島の指揮官が手下を率いて掃討に出向いた

それに邪眼の使用を禁ずる重大な軍令も発せられておる

あの散兵という者も、拠点が露呈している状態で自らの同僚のため、無駄な抵抗をすることもないじゃろう

ファデュイが苦しむ姿を見せたかった八重さん

八重神子

珊瑚宮心海という女、実にやりおる

彼女に会ってきちんと話をしてみたいものじゃが…信仰の違いとは厄介なものじゃな

パイモン
厄介?おまえは鳴神大社の宮司だろ!
八重神子

これを汝に伝えたのは安心させるため以外にも…汝に頼み事があったからなんじゃ

ルイ
それが助けた理由?
八重神子

汝…あやつに会ったな?

ルイ
雷電将軍?

「人形」ではなく「彼女」に会ったかを確認八重さん

ルイ
あの「空間」にいた?
八重神子

そう

「自我」を維持するため「一心浄土」で無限の瞑想を続けている、本物の雷電将軍…

パイモン
それって、儀式にいたのは人形で、本物の雷電将軍はそのあとに会ったやつだったってことか?

つまり、あのとき変わったのは「戦場」だけじゃなくて「相手」も違ってたと?

ルイ
でも、なんでそんなことを?
八重神子

あれこそ雷電将軍の「永遠」だからじゃ

この国の永遠を追い求めるには、まずは己が永遠に触れねばならぬ

肉体はやがて土に還り「人形」がそれに代わる

精神は摩耗からは逃れられぬ

あやつは自らの意識をその刀に宿し、冥想を用いてすべての障害を回避しているんじゃ

パイモン
じゃあ、あの刀で斬り開かれた空間が…
八重神子

「一心浄土」

あやつの「心の世界」のようなもの

基本的には「自我」の存在のみを許す空間じゃ

自我の世界に閉じこもり、外の雑務はすべて、ただひたすら永遠へと突き進む人形に任せておる…

それが影が模索した永遠の道だと言う八重さん

ルイ
摩耗は鍾離先生が引退した理由の一つ
八重神子

モラクスのことか?もう久しく会っておらぬ

璃月の神がそのような選択をするとはな、やはり面白い神じゃ

パイモン
でも雷電将軍のやり方は、たしかに鍾離が言ってた問題を回避できるかもな…
八重神子

ふふ、じゃが…あやつのやり方、まるで自らの部屋に閉じこもる拗ねた子供とそっくりじゃと思わぬか?

あやつの言う「永遠」はもうとっくに、あやつの思う「永遠」になっておる

つまるところ…失うのが怖いんじゃ…

ルイ
何をしたらいい?

汝と妾は同じ立場にいると言う八重さん

八重神子

汝は目狩り令から稲妻の民を救いたい、それは妾も同じじゃ

ただついでに、この国とあやつも救いたいのじゃ

そして、ここが肝心なんじゃが――「一心浄土」が影の心の世界を表しているというのなら、そこであやつを打ち負かせば、あやつの意志を「変える」ことができるやもしれぬ

パイモン
それがおまえの考えた、目狩り令を廃止する方法か?

言葉で説得したり、抵抗軍の力で改革を起こしたりするんじゃなくて…直接、雷電将軍の心の世界を変えるのか?

八重神子

理解が早いな

ともかくこれこそ、稲妻が「暗黒の永遠」に陥る前に、それを正しい軌道に戻せる唯一の方法じゃ

ルイ
でも何で…
八重神子

まだ自分が特別なことを認識しておらぬのか?

言ったはずじゃ

「一心浄土」は基本的に自我のみを許容する空間、汝がそこに行けたということはつまり…

永遠にとって旅人が「不安定」な個体であり、関心を持たれていると言う八重さん

パイモン
他のやつは入ったことないのか?
八重神子

あの永遠の信徒が自我を閉じ込めた時から、今まで一度たりともなかった

それどころか、あの空間がどのようなものなのか知る者もおらぬ

汝の存在は契機だけでなく、「鍵」でもあるんじゃ…やはり妾の期待通りじゃな、童よ

そして歩き出す八重さん

パイモン
あれ、もう行くのか?

どこに行くんだ?

八重神子

「対雷電将軍特訓」

汝のために特別に用意したんじゃ

八重神子に付いて鳴神大社から南西へ

パイモン
ここか?

そこにある装置はなんなんだ…?

八重神子

雷電将軍の技が再現できる法器とでも言おうか

妾の記憶を頼りにそっくりに作ったものじゃ…あやつの武道が鈍っていなければな

事前に技を学び、対策を立てれば、戦いも有利になるじゃろう

雷電将軍の技に耐える練習をすることを勧める八重さん

ルイ
分かった…

こうして雷電将軍の攻撃を回避する修行開始

ルイ
約1分間、雷元素攻撃を回避し続ける

そして半日後…

挑戦クリア

ルイ
やっと…できた('Д';)

けっこう練習したと思ったパイモンさん

ルイ
きつかった…
パイモン
ところで、神子はなんでこんなに雷電将軍のことを知ってるんだ?
八重神子

ほう、妾にそれを聞くのか?

雷神の眷属だからだと言う八重さん

パイモン
トワリンとバルバトスのような関係なのか?

全然そう見えなかったぜ…

八重神子

ふふ、その感じ、妾の「狐お姉さん」姿に興味があるような口ぶりじゃのう?

ルイ
興味ある(゚∀゚)

パイモン
うぅ…
八重神子

気にすべき点は妾の姿ではなく、なぜ妾があやつと会わなくなったかじゃろ?

「永遠に変わらない国」

それは妾とあやつの夢じゃった

じゃが、妾はそれが完全なる「静止」を意味するとは思っておらんかった

その時から、あやつは妾の手の届かぬ道を歩み始めたのじゃ

影が「一心浄土」に踏み入る時、別れの言葉もなかったと言う八重さん

八重神子

妾の独り善がりなのかもしれぬが、それがあやつの、友情を永遠に保つ方法だったのじゃと妾は思う

別れを告げず、会うこともなく、妾たちの関係は永久にあの時のまま保たれる

少なくともあやつはそのように考えておるのじゃろう

ルイ
雷電将軍は考えが間違ってる

八重神子

まったく異なる二つの永遠に分かれた今、現状を維持し続けるのか、どんな犠牲を払ってでもあやつを正しい道に戻すのか、どちらかを選択することができる…

妾は後者を選ぶことに決めたのじゃ

もし…「一心浄土」に閉じこもることが、あやつにとって永遠への道というのなら…

あやつを自我の世界から引き戻すことが「永遠の眷属」の役目だと考える八重さん

いい友達だと思ったパイモンさん

八重神子

ふっ、汝らにこれを言ったのは、妾の計画を理解させるためじゃ

あまり調子に乗るでないぞ?

対雷電将軍特訓第二幕を始めようとする八重さん

ルイ
?!('Д';)
Sponsored Link
Sponsored Link
応援ありがとうございます^^

人気ブログランキング
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link
原神 神の目カプセルストラップ vol.2 璃月シリーズ
created by Rinker

-YouTube日記, ゲーム, 原神

© 2022 YouTube時々ブログ Powered by AFFINGER5