ゲーム ゲームレビュー 雑記

ドラクエウォークは今からでも楽しめるのか

Sponsored Link
Sponsored Link

ドラクエウォークは今からでも楽しめるのか

コロナウィルスの緊急事態宣言から数か月経過した2020年6月。

自宅待機の空気が少し落ち着きを見せた頃合いで、ある程度普通に外出する事もできるようになった時に、ドラクエウォークを遊び始めました。

 

ドラクエは好きなゲームですし、もともと私はイングレスと言う位置ゲーを遊びたくてスマホに替えたと言って過言ではなかったために、遊んでみる事にしました。

このゲーム、基本プレイ無料で、課金要素があります。

無課金でも楽しめるかどうか、と言う部分が気になりました。

世間の評判や、ネットでの評価などをザッと目を通してみても、課金しないと楽しめないと言った感想もそれなりに多く見かけました。

しかし、百聞は一見に如かずと言う事で、実際に試してみる事に。

果たして完全無課金でどこまで楽しめるのか?

これまで約4か月遊んで来た感想と、今後どこまで無課金で遊び続ける事ができるのか?

その辺りをまとめて行きたいと思います。

ドラクエウォークは無課金で楽しめる?

結論から言いますと

ルイ

私は楽しめています

そして、リセマラを行えば、今からでも無課金プレイで十分楽しめるのではないかと思っていますので、その理由を、私のプレイ記録を交えつつ話したいと思います。

 

こちらが私の現時点までのプレイ記録となります。

私は6月16日からプレイ開始後、2週間ほどプレイした後、7月はほとんど遊んでいませんでした。

この手のゲームはリセマラをするのがセオリーと言う方もいらっしゃると思いますし、私もゲームによってはリセマラを行う事がありますが、このゲームにおいてはリセマラをせずに開始しました。

結果的に、初期に良い装備を引けないまま、しばらく遊んで行く事になったのです。

 

するとゲーム開始数週間後、思ったようにストーリーを追えない状況がありました。

メガモンスターはもちろん、ストーリーのボスも倒せないし、フィールドでの通常戦闘も割としんどくレベル上げもままならない。

と言う事でほぼログインすらしない時期もありました。

この状況を打破するためには、やはりふくびきで強力な武器を引き当てる必要性を感じました。

特技や呪文などが、装備している武器に依存して使用可能になるケースが多いからです。

他にも、フィールド戦闘などでモンスターを倒した時に時々ドロップする「こころ」と言うものを装着する事でステータスを底上げしたり、一部の技や呪文を使えるようになるものもあります。

この時点で私が持っていた装備で最強が「名刀斬鉄丸」でした。

一応レアリティは★5と言う事で最強クラスの武器ではありますが、正直決め手にかける武器で、いわば★5の中のハズレ枠と言う感じの武器でした。

そして私がドラクエウォークで詰みかけていた頃、ふくびきで当たりの武器としてこの「黒嵐のツメ」がありました。

何とかこの黒嵐のツメをふくびきでゲットして、この状況を打開したいと思いました。

ストーリーをクリアしたり、ログインボーナスなどのジェムを用いて40回ほど引いてみました。

結果、「黒嵐のツメ」が当たる事はありませんでした。

一応、黒嵐の防具は一つ「黒嵐のローブ上」は当たりましたが、これは「黒嵐のツメ」の威力を高める効果があったりなど、いわば「黒嵐のツメ」ありきの防具です。

防具より武器の重要性が高く、★5が出たとしても、武器が出ないと始まらない、と言う印象でした。

ルイ

うーん、課金すべきか??

この時、そう思いました。

さすがにリセマラをするには遊びすぎていましたし、とりあえずストーリーを進めるのは一旦諦めて、ぼちぼちと気が向いた時にレベル上げを進めて行く事にしました。

 

そして8月に入った頃、ついに初めての上級職への転職が可能となりました。

特定の基本職の2種をレベル50まで上げる事で、上級職に転職可能なシステム。

ドラクエで転職はおなじみですが、この上級職が、本当に上級職足る特性を持っていました。

バトルマスター

戦士と武道家をレベル50まで上げる事で転職が可能になる上級職バトルマスター

バトルマスターは戦闘中時々「怒る」事があり、この怒りが発生すると、そのターンに繰り出す攻撃の威力が増します。

そして言うまでもなくトップクラスの火力を誇り、モンスターの素早い撃破には欠かせないアタッカーです。

パラディン

戦士と僧侶をレベル50まで上げる事で転職が可能になる上級職パラディン

この職はパーティの誰かが物理攻撃を食らう時に、自動で「かばう」が発動する事があり、そして更に受けるダメージを軽減する効果が発生します。

それに加えて、致命傷を食らった時に「ふんばり」が発動し、HP1で倒れず踏みとどまる事がある守りのプロフェッショナルです。

賢者

僧侶と魔法使いをレベル50まで上げる事で転職が可能になる上級職賢者

この職は高い魔力に加えて、時々唱えた呪文がやまびこで反響すると言う特性を持っています。

反響した呪文の効果は1回目の半分にはなりますが、ザオラルと言った呪文が複数の仲間が倒れた状況で反響するなら、崩れかけた状況を持ち直すチャンスにもなります。

レンジャー

武道家と盗賊をレベル50まで上げる事で転職が可能になる上級職レンジャー

レンジャーは敵に物理攻撃を与えた時に、時々対象モンスターに対して「影縛り」が発生し、それが発動した対象モンスターは1ターンの間行動できなくなります。

ここぞと言うタイミングで影縛りによってモンスターの行動を1ターン静止させる事ができれば、危機的状況を立て直す機会を生み出せます。

 

私がこの時点で転職したのはこの4種でした。

他にも魔法戦士があります。

育成が間に合わず、まだ魔法戦士は使えていません。

そして最近のアップデートでは新たに基本職のび人、踊り子

そしてスーパースターが上級職として追加されました。

 

そしてこれらの上級職の基本特性に加えて、もう一つ大きな特徴として、モンスターの「こころ」を4つ身に付ける事ができると言う点があります。

基本職は3つまで身に付ける事ができますが、この装備枠が一つ増えるだけで、戦闘力が全く違ったものになりました。

モンスターのこころ

モンスターを倒すと時々ドロップするもので、装着する事でステータスがUPしたり、状態異常耐性が付いたりなどの効果があります。

モンスターのこころにはランクがあり、「S>A>B>C>D」と言う感じで有益なものになっています。

こちらはゾーマの心のSとDのステータスUP率を比較したものです。

ご覧の通り、HPや攻撃魔力などはDに対してSは倍以上UPするなど、ランクによって大きく変わってきます。

耐性はDでもSと差がないものもあり、例えDランクの心であっても一つ持っているだけでかなり違ってくるものもあります。

これら「モンスターのこころ」を上級職は4つ付ける事ができるので、単純にステータスの大幅な底上げが可能となり、ストーリーもやがて再び進める事ができるようになって行きました。

有益な心をたくさん持っている場合、戦士よりレベルが20低いバトルマスターの方が戦闘力が上かも知れません。

それくらい、上級職は強力でした。

新職業スーパースター

2019年の9月12日からサービスが開始されたドラクエウォークは、2020年9月12日で1周年を迎え、その数週間前から前夜祭など、大々的にユーザーにとって嬉しいイベントなど盛りだくさんでした。

ちょうど8月に入った頃から、有益なモンスターのこころが入手しやすくなるイベントなどもあり、そこそこの武器しか持っていなかった私も、楽しめる様になって行きました。

そして一周年記念で新たに登場した福引きの景品に登場したのがこの世界樹のつるぎ

この解説にある通り、必殺技は「敵1体に400%のイオ属性の斬撃ダメージ」を与えるという強力なものでした

黒嵐のツメの特技もかなり強力でしたが、それを更に上回る性能を誇るこの武器。

1周年記念で配布された福引券を利用して20回ほど引いた結果、奇跡的にこの世界樹のつるぎを当てる事ができました。

これによってかなり世界が変わり、その後9月末に実装された「ほこら」などの高難易度コンテンツなども、ギリギリ打開できるようになりました。

「ほこら」において一番難易度が高い、上級職レベル65推奨と言うまおうのつかいにも、辛勝できました。

どれくらい辛勝だったかと言うと、せかいじゅの葉や、せかいじゅのしずくを全て使い果たし、それに加えて、再入手困難な「ザオラルの書」などの消耗アイテムも全て使い切って、次の一撃で倒せなかったらゲームオーバー

と言うタイミングで何とか倒せたと言うくらいギリギリでした。

しかしこの初勝利の時に、奇跡的にまおうのつかいのSのこころを入手する事ができ、その後はアイテムを使わなくても、5回に1回くらいギリギリ倒せるくらいになったのでした。

まおうのつかいSのこころは、現在までに実装されている全こころの中でもトップクラスの性能となっており、これを入手する為に挑んだので、本当に嬉しい瞬間でした。

スーパースター

そして2020年10月9日、満を持して新たな上級職、スーパースターが実装されました。

このスーパースターがレベル40で覚える特技に「アンコール」と言うものがあります。

ルイ

この特技は仲間一人をもう一度行動可能にするというもの

この特技の登場によってどうなったかと言うと、強力な武器を1本持っているだけで、1ターンで必殺技を2度放つことが可能になったのです。

しかし、この特技は消費MPが最大MPによって変動する特殊なもので、まほうの聖水などで回復をしないことを前提とすると3回ほどしか1戦で使えません。

この様に、最大MP244の時の消費MPは61とかなり高い数値になっています。

長期戦には向かないですが、短期決戦を狙いたい局面において強力な特技となっています。

このスーパースターの登場は、今後新規で始めようとしている人にとって大きな意味を持つと思います。

ルイ

強力な武器を1つ引けたなら、最新コンテンツまで楽しめる可能性の道が開かれる!

リセマラをして強力な武器を一つ引き当て、後はスーパースターを1人育てれば、人によっては2ヶ月ほどで最新コンテンツまで楽しめる様になれると思います。

リセマラせずに開始して、世界樹のつるぎまで、ろくな武器を引き当てる事ができなかった私も、一切課金せずに楽しめています。

 

課金する事自体、一切否定しませんし、私自身も今後はわかりません。

しかし、現状のドラクエウォークは、無課金でも楽しめるゲームだと感じています。

終わりに

今回はサービス開始から1周年を迎えたドラクエウォークを紹介しました。

今後、マイレージや無償配布された福引券による「ふくびきの記録」も月別に紹介して行こうかと思っています。

初心者のほこらの攻略法なども、紹介できたらと思います。

攻略法などをネットで調べていると、割と自分の攻略法とは違う部分もあり、人によっては参考にしていただけるのではないか…と考えています。

是非一緒にドラクエウォークを楽しんで行きましょう!

ルイ

ご覧いただきありがとうございました

 

応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

-ゲーム, ゲームレビュー, 雑記

© 2020 YouTube時々ブログ Powered by AFFINGER5