YouTube日記 ゲーム 原神

原神 第301話 護法仙衆夜叉録

Sponsored Link
Sponsored Link

原神 第301話 護法仙衆夜叉録

望舒旅館の近くを探索中

「掇星攫辰天君」と名乗る仙人と出会う

願いを叶える代わりに

見返りを求める「掇星攫辰天君」

ルイとパイモンは、天君に美食を提供する為

「万文集舎」にて仙人向けのレシピを探す事にした

登場人物

ルイ

パイモン

紀芳

掇星攫辰天君

護法仙衆夜叉録

万文集舎へ

ルイ
お?

掇星攫辰天君が万文集舎に来ていた

紀芳

この『護法仙衆夜叉録』でいいの?

掇星攫辰天君

ああ、釣りはいらない

紀芳

あら太っ腹…

感謝するわ!

なんとか天君に気付いたパイモンさん

ルイ
掇星攫辰天君
パイモン
さっき『護法仙衆夜叉録』って本を…

買ってたみたいだぜ?

確か仙人に関する本だった気がするけど、なんで仙人が自分に関する本を買ってるんだろうな?

ルイ
ナルシストなのかも

パイモン
でもよくよく考えると、あの仙人なんだかおかしいような…
ルイ
確かに詐欺の手口と同じっぽい
パイモン
もしかして…

実はあいつには願いを叶える力がない?

ルイ
うん

パイモン
どうやら、あの本の内容を確認する必要があるな

何か手がかりになるかも知れない!

ルイ
そうだね(゚∀゚)

オーナーに聞いてみよう

パイモン
こんにちは

『護法仙衆夜叉録』って本を売ってくれないか!

紀芳

あら?

そんな古い本、いつの間に人気が出たの?

若い子が好きになるなんて珍しい

そこの本棚にあるから探してみて

ルイ
ありがとう

『護法仙衆夜叉録』を発見

ルイ
おっ
パイモン
これだ!

早く、なにが書いてあるか見ようぜ!

ルイ
うん

太古の昔

璃月は瘴気に満ち

魔に溢れていた

敗北した魔神の残骸は怨嗟をまき散らし

やがて妖魔となった

妖魔は「疫病」

「怪異」

そして「変異」を

次々と起こした

やがて

岩王帝君は

仙人の「夜叉」を招集し

魔を滅することにした

彼らは護法のため殺生し

悪を滅することを岩王に誓った

しかし長い血戦の中

業障に囚われ

魔神の憎悪に染まってしまう

恐怖に支配され発狂する者

同士討ちで死に至る者

精神が壊れ

魔物になる者

最も強かった五人の「仙衆夜叉」のうち

三人が悲惨な死を遂げ

一人が行方不明となっ

幾千年の時を越え

生き残ったのは「降魔大聖」ただ一人

そして

彼の姿を覚えているのは

孤雲閣に照らされる月明りと

荻花洲の笛吹きだけとなった

パイモン
これは璃月を守っている「仙衆夜叉」たちに関する本みたいだ

なんだか璃月にある歴史書じゃ、あまり見ない内容だな

なにか気になるところはあったか?

ルイ
うーん…最後の夜叉
パイモン
おう、「夜叉」は全部で五人いたけど、今生き残ってるのは一人だけだ
ルイ
うん
パイモン
ひょっとして…

あの「天君」と何か関係が?

でもどう考えてもあいつじゃなさそうだと思ったパイモンさん

ルイ
業障も気になる
パイモン
本の中では、魔神の怨嗟と千年争った「夜叉」たちですら、「業障」に陥るって書いてあるぞ

魔神の怨嗟に汚染された夜叉が、考えもつかないような恐怖、憤怒、苦痛に苦しめられる…

ルイ
……

璃月を千年も守って見返りがない上にこんな苦痛を味わうなんてかわいそうだと思ったパイモンさん

ルイ
妖魔については…
パイモン
本に書いてあるのは、「魔神戦争」時期に敗れた魔神の怨嗟が、疫病や怪異や変異を生み出すとかなんとか…

どれもやばそうな災難だぜ…

あっ?

もしかして…

ルイ
パイモン
前に見た全身邪気まみれのヒルチャール、もしかしてこの本に書いてある「変異」じゃないか?
ルイ
なるほど…

気になる点はこの位か

パイモン
おう、この本の大事なところは、もう全部見たな

あの邪気を帯びたヒルチャールの正体

それにあの「天君」と夜叉の関係が、この事件の要だと思うぞ!

もう一回現場に戻って確認する必要があるな!

霧に包まれた謎を、明るい事実で照らしてみせるぜ!

ルイ
名探偵パイモン?

実はあいつが本当の仙人であってほしい理由を語るパイモンさん

パイモン
でも期待が大きいほど失望も大きいから、事前に調査する必要があるだろ?
ルイ
そうだね
パイモン
じゃあ、望舒旅館にもう一回行ってみようぜ!
ルイ
OK

こうして

再び望舒旅館へ

Sponsored Link
Sponsored Link
応援ありがとうございます^^

人気ブログランキング
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link

-YouTube日記, ゲーム, 原神

© 2021 YouTube時々ブログ Powered by AFFINGER5